ページに応じて表示するキャッチコピーを変える[WordPress]

excerpt_header_catch

ヘッダーにサイト(会社)のキャッチコピーや簡単な紹介文を載せることがよくありますよね。
まあ、header.phpなど該当するphpをカスタマイズして、キャッチコピーを追加しておけばいいんですが、時にはページに応じてキャッチコピーを変えたいというケースもあると思います。

if文とかで、ページに応じてキャッチコピーを変えてもいいんでしょうが、文言の変更やページの追加があった時など、わりと手間がかかりますよね…。
で、考えました。

使用環境

WordPress 4.8.3
テーマ:Enfold 4.1.2

ページごとに設定できる物ってありますよね?
カスタムフィールド? …いいですねぇ!なかなかいいですよ!
でも、もっと簡単なのがあるんです。
標準で付いている「抜粋」です。

Descriptionにも使われるので、
ページの詳細をもっとキッチリ記述したい方は、別途「All In One SEO」などを導入すると良いと思います。
いや、「All In One SEO」はフツー導入してるか…。

 

…こんな感じです。
excerpt_header

では、例によって「Enfold」を使って説明します。
…というか、簡単です。
表示したい部分のphpを見つけて、適宜記述してください。
今回の案件では、ヘッダーの「Secondary Menu」の下に配置したかったので、
includes/helper-main-menu.php の124行目あたり
if($headerS[‘header_social’] == で始まるコードの「閉じタグ } 」(127行目あたり)の後に、

というコードを追加しました。
これで、ページに応じた「抜粋」が表示されます。
※もちろん抜粋は、そのページごとに適宜変更してくださいね!

あとは、デザインに合うようにCSSで調整してください。